現在の、新しいGoogle Sitesには、ページに対するコメント機能が搭載されておらず、旧サイトからの移行の障害の一つとなっています。そこで作成したのが、スプレッドシート連携のコメント用パーツです。

現在はまだ1ページ1スプレッドシートが必要ですが、Google Sitesの各ページに貼ることで、コメントを残すことが可能になります。画面は、Vue.js + Vuetifyで作成しております。

図:引っ越しの時の障害の一つがコメント機能

今回使用するスプレッドシート

コメントを投稿するとスプレッドシートに追記されてゆきます。

サンプル

※サンプルは書き込みは出来ません。

セットアップ

このスクリプトはセットアップが必要です。また、ウェブアプリケーションですので、スクリプトエディタから公開作業も必要ですので、ご注意下さい。

セットアップ機能

スプレッドシートをコピーしたら開きます。メニューに「アクション」という項目が表示されます。この中にある「セットアップ」を実行しましょう。これは、そのスプレッドシートのIDを取得して格納してくれます。これを行わないとデータが正しく取得されず、コメント欄にデータが表示されません。必ず実行しましょう。

ウェブアプリケーションとして公開

ここまでセットアップが完了したら、最期に以下の手順でウェブアプリケーションとして公開してください。公開することで、サンプルページのようにアプリとして利用できるようになります。この時の最期がdevではなく、execになってる公開用URLをGoogle Sitesに埋め込んだりする事で、コメント欄として活用する事が出来るようになります。

  1. スクリプトエディタに入る
  2. メニューより「公開」⇒「ウェブアプリケーションとして導入」をクリック
  3. 次のユーザーとしてアプリケーションを実行を設定。通常は自分でOK.
  4. アプリケーションにアクセスできるユーザを設定。社内ならドメイン内のユーザのみにする。
  5. 更新ボタンを押す。
  6. 現在のウェブアプリケーションのURLが出て来るので、これを書き留めておく
  7. Google Sitesに埋め込んだり、直接アクセスして利用する。
  8. 改造をした場合、再度プロジェクトバージョンを変えて、公開作業しないと反映しない。

※2回目移行、新しいデプロイで作業をしてしまうと、URLが変わってしまうので要注意。

図:これをやらないと使えない

改訂履歴

2021年7月2日 Version 1.2

2021年7月1日 Version 1.1

  • フローティングボタンで入力欄の表示、非表示ボタンで入力欄の非表示を追加
  • フローティングボタンを押すと一番下までスクロールして、氏名欄に自動フォーカスを追加
  • 書き込み後にコメント欄を空にするように変更

2021年6月30日 Version 1.0

  • 最初のバージョン公開。シート連携、シングルページ用としてリリース
共有してみる: