非IT系企業ですと、驚くほどに様々な場面で、Excelを使ってるシーンを見受けます。また、其の中にはVBAを駆使して自動化されているものも多数あります。特にVBAに関しては、OfficeことExcelが現在まで深く利用されている理由の1つでもあります。下手な業務用アプリなどよりも、よほど世界中で利用され世界中の業務を改善してきているでしょう。

一方で、これが現在の業務改善の大きな足かせになっているのも事実。Excelはあくまでも表計算ソフト。何でもできるわけではありません。しかし、バッドノウハウでそこを何とかしてるが故に、Excelの為に膨大な時間を掛けてしまってるのはもったいない。

ということで、今回、10年以上前に自分が作った素材をアップしました。それが勤怠管理アプリ。これをExcelでやろうとしたら、非常に管理が面倒な事請け合いです。なぜ、Accessだとそれが楽になるのか?そんな要素がつまってる教材としてアップしています。今後、このAccessの利点や効用についてはブログでネタとして紹介していきたいと思っています。

※一応実運用していたアプリケーションなので、使えます。ただ、クラウドもスマフォも無いような時代のアプリなので、現代の高度な管理業務では力不足ですね。

勤怠管理アプリはこちら

 

共有してみる: