2019年11月、Googleはこれまでずーっとβ版であった、クラウドプリントを2020年末に廃止する事をアナウンスしています。そもそも、このサービス自体かなりマニアックなサービスであったこと、利用者がすくなかったことから、このような事態になって消えることになったのですが、代替サービスも存在しないので、Google Apps Scriptからのダイレクト印刷手段が消えることに。。。

一方で、2020年3月、MicrosoftからAzure ADに新たに「Universal Print」と呼ばれる、まさにクラウドプリントなサービスが発表されました。プリンタドライバが不要で、Universal Print未対応のプリンタでも対応させる事が可能になるとのこと。

現在プレビュー利用者をFormで募集中です。

このUniversal Printサービス、クラウドプリント同様にOAuth2.0認証で、ウェブアプリケーションからプリントアウトも可能のようで、Google Apps Scriptからの印刷手段として利用可能かもしれない。正式リリースしたらテストしてみたいですね。

※このサービスの発表が吉と出るか凶と出るか?Googleが廃止したのは失敗だったのか?面白いネタになると思います。果たして印刷文化は衰退してしまったのかどうか?

図:Azure ADからプリンタを登録するみたいだ

図:登録さえ出来れば場所・デバイス問わず使える

関連リンク

共有してみる: