Google Apps Scriptでスプレッドシートの非表示行を除外してデータを取得する

時々、Teratailを除いては、面白そうなテーマということで挑戦して、入門編の教材を作ってたりします。そんな中、「非表示行を除いてデータを取得する」というテーマが出ていたので、作ってみました。

今回のテーマは小ネタですが、意外と使うシーンは多いと思います。

今回使用するスプレッドシート

歴代の日本の紙幣の登場人物に関するデータのうち、自分に馴染みのあった、福沢諭吉、新渡戸稲造、夏目漱石の行だけを手動で非表示にしています。

ソースコード

  • データ自体はタイトル行を除いて2行目から取得させています。
  • 手動で非表示またはスクリプトで非表示させた行の判定は、isRowHiddenByUserメソッドで判定し、true/falseを取得します。
  • なお引数の値は行番号で今回は2行目からデータを取得させているので、cntの値は2を指定しています。0からではないので注意。
  • 判定がtrueの場合は非表示なので、特に何もしない。falseの場合は非表示ではないので配列に追加
  • 最後にconsoleで表示されてる行の値の塊を表示させています。
  • なお、isRowHiddenByFilterというメソッドもあり、こちらはフィルタで非表示にされた行を判定するのに利用します。

図:見事に非表示行だけを除外して取得できた

関連リンク

共有してみる:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。