Google Apps ScriptとVBAで業務改善
記事

タグ : JSON

VBAで利用できる様々な配列処理

プログラミングをする上で欠かせないのが「配列処理」。Google Apps ScriptでもExcel VBAでも、この配列処理は必須の処理です。配列を使わずに例えば、Excelのマクロ的に1つずつセルを取得しては処理し …

共有してみる:

Google Apps ScriptでXMLをよしなに扱う方法

最近のウェブサービスは、扱うフォーマットはJSONが基本になってきています。XMLしか出力することのできない旧式のウェブサービスはだいぶ滅び、ごく一部になりつつあります。しかし、XMLフォーマットが滅びたわけではないので …

共有してみる:

Google Apps ScriptとAccessデータベースを連携させる

Google Apps Scriptを使うようになってから、クライアントサイドでAccessを使う機会は大分減りましたが、それでもAccess需要がゼロになるという事はありません。まだまだクラウドのデータベースサービスは …

共有してみる:

GoogleスプレッドシートのデータをJSONで取得する

Google Apps Scriptにてウェブアプリを作る場合、通常doGet()でHTMLを表示し、HTML側からスプレッドシートのデータをリクエストした時に、スプレッドシートデータを普通は二次元配列形式でデータを受け …

共有してみる:

G Suite加入用プロモコード

割引適用のページで以下のコードを適用

 

Basic:L93LT9URV3P6TQR

Business:U7XV3VW4RTQPPDK

 

詳細はこちらのページより。

PAGETOP
Copyright © officeの杜 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.