2020年10月13日、Codeweavers社からChromeOS用のCrossOverがリリースされました。macOSユーザやLinuxユーザにとってはお馴染みのWineをベースにチューニングし、Windows用の実行ファイルを実行出来る環境のChromeOS版です。これまでも、Android向けにCrossOver on ChromeOS Betaなんてのを出してたりしますが、こちらは、Androidの上で動作する別物です。

現在、14日間のフリートライアルが可能で、商用製品ですがプランによって$39.95〜59.95なのは、CrossOver Macと変わらないですね。実際にインストールして試してみることにしました。

※但し、ベースがWineであるため、Intel CPUを搭載したChromebookでなければ動作しません(CPUのエミュレーションを行わない為、ARMなChromebookは対象外)

難易度:

今回使用するアプリ等

ChromeOSのLinuxコンテナ上に、WineをインストールしてWindowsアプリを実行する方法については、以下のエントリーで既に実施しています。オリジナルのWineで動かしてみたいという猛者は参考にしてみてください。

HP Chromebook 14aを徹底的に活用してみる

使い方

概要

macOSやLinuxユーザにはお馴染みのWineの商用製品版がCrossOverで、自分もmacOSではCrossOver Macを活用させて頂いています。昔は日本でもパッケージ販売していたのですが、現在はウェブ上でのみの販売。

オリジナルのWineとの違いは

  1. インストールに用いるボトルをGUIで管理が可能
  2. オリジナルよりも安定して動作するアプリケーションが豊富にある
  3. 付随してインストールが必要なライブラリなどが非常に簡単にインストール出来る(例えば、Visual Basic Runtimeなど)
  4. 面倒なフォント周りなどの調整はすべてCrossOverが調整してくれている

また、Wineであるため、Chromebookでは以下の利点があります。

  1. 本体は200MBほど。RAMは2GB以上がシステム要件です(今どきのChromebookなら普通に対象になります)
  2. CPUエミュレーションは行っていないので、仮想環境と違い高スペックである必要がない
  3. また、仮想環境ではないのでWindowsは必要無いので、莫大なディスク容量を必要としない
  4. シームレスにChromeOS上でWindowsアプリが実行されるので、フォルダを共有しておけばファイルのやり取りはとても楽。
  5. インストールや管理が超楽ちんなので、不要になったらボトルまるごと捨てればOK
  6. UIは普通に日本語対応

仮想環境のように非常に多くのリソースを消費する事が無いのは大きなアドバンテージです。主な活用例については、以下のエントリーを参考にしてみてください。驚くほど様々なWindowsアプリが動作します。

macOSはWineを活用するともっと便利になる

CrossOverをインストールする

CrossOver for ChromeOSを謳ってはいますが、ChromeOS上にインストールして動作するわけではなく、ChromeOSに用意されているLinuxコンテナ(Debian Buster)上で動くので、実質的にはCrossOver Linuxと変わらないです。インストールが面倒なのでは・・・と怯む必要は全くありません。ものすごく簡単にインストールが可能です。

  1. Free TrialにてOSはChromeOS、名前、メアドを入れてDownload Trial Nowをクリック
  2. すると、Debian Package形式で、crossover_20.0.0-1.debというファイルがダウンロードされます。Linuxではお馴染みの形式ですね。
  3. ターミナルを起動・・・せずに、ChromeOS上でファイルアプリを開き、ダウンロードにある2.を直接ダブルクリック
  4. すると、Linuxコンテナでのアプリインストールのダイアログが出てくるので、インストールをクリック

これで、アプリの一覧画面にあるLinuxアプリにアイコンが登録されます。LinuxでWineをインストールするのが結構な手間と難易度な上に、ターミナルを一切使わず直接インストール出来てしまうのには驚きました。

図:ChromeOS上で直接インストール実行できちゃう

Windowsアプリをインストールしてみる

今回はいきなりハードル高めの、ずっと使っていなかった「一太郎8」をインストールしてみようと思います。USBディスクにインストーラ一式を詰めて、Chromebook 14aに接続。以下の手順でインストールをしてみた。USBディスクはLinuxと共有をしておきましょう。

  1. LinuxアプリからCrossOverを起動する
  2. ボトルも何もない状態ですが、「Windowsアプリケーションをインストール」をクリックする
  3. 上部のインストーラを選択をクリック
  4. インストーラファイルを選択をクリックする
  5. USBディスクは、homeディレクトリより上まで進んでから、/mnt/chromeos/removable/usbディスクの名前/インストーラのあるフォルダまで移動します。
  6. setup.exeなどを選んで開くをクリックします。
  7. 継続をクリックする
  8. インストールするアプリケーションでは、ichiと入れると一太郎2006あたりはリストにあるけれど、一太郎8は当然無い。ので、Unlisted Applicationを選択する
  9. ボトルの選択では、Windows2000を選択(一太郎8はWin95/NT4時代のアプリの為)
  10. 継続をクリックする
  11. インストールをクリックする。継続するか聞かれるので、はいを選択
  12. ボトルが作成されて、しばらく待つとインストーラが起動する。見慣れた一太郎のセットアップ画面が。今回は標準構成でインストールしてみます(130MBほど)
  13. インストールが完了したら、CrossOverの画面に戻って、閉じるをクリックして終了です。
  14. ボトル内に一太郎8のショートカットが作られているので、実行してみる。
  15. ちょっとバギーで起動しない場合は、一旦CrossOverを終了して、もう一度開き直してから実行する。
  16. なんと、起動した。

但し今回のアプリはあまりにも古いWindows95時代のものなので、非常にバギー。また、Linux環境上で動くので、日本語入力はMozcが事前に必要となる。この辺りがハードルになるかな?Windows2000以降のアプリであれば相当楽に動かせるはずです。また、日本語入力不要のIrfanViewなどのユーティリティ系などは実に簡単に動かせます。

それでも、結構あっさり起動まで持ち込めたので、さすがCrossOverです。ちなみに、アプリはLinuxアプリにも登録されているので、そのままシェルフに固定化できます。ので、ダイレクトに一太郎8が起動させることも可能。この辺りもCrossOver Macと同じで、ユーザの利便性がよく考えられています。

図:インストーラを探すのがちょっとだけ手間

図:ボトルの選択は重要

図:セットアップ画面が起動する

図:起動した

青鬼を起動してみた

WindowsXP時代のフリーゲームである「青鬼」を起動してみた。但しこのプログラムはインストーラではないのと、RPGツクールXPのランタイム、またフォントがないと真っ黒画面で文字が出ないので、対策が必要。

  1. CrossOverでは、WindowsXPのボトルを作っておく。
  2. RPGツクールXP RTPを事前にインストールが必要
  3. msgothic.ttcおよびmsmincho.ttcの2つをボトルのc:¥windows¥fontsに追加が必要(フォントリンクでVL Gothicでもいけるみたいだが)
  4. CrossOverで青鬼のgame.exeは、コマンドを実行で直接ChromeOSのフォルダのexeを指定して実行させる。ランチャー作成で登録も可能

ここで気がついたのが、予めLinuxコンテナにはVSCodeをインストールしていたが為に、Cドライブを開くとVSCodeで開くようになってた。。。2.のフォントをどうにかCドライブに入れる為には、VSCode上でターミナル操作して入れるか?windowsフォルダ直下のexplorer.exeがいるので、これを利用する。

また、ChromeOS側からも、ファイルアプリ⇒Linuxアプリで開き、非表示ファイルの表示を行う。.cxofficeというフォルダがあるので、開き、WindowsXP⇒drive_cといった具合にたどっていけば、CドライブのFontsフォルダに辿り着けますので、こちらからFontを入れることも可能ですし、ChromeOS側からファイルを弄ることも可能。

図:WineのフォルダはChromeOS側から操作が可能

音は若干ノイズが乗るけれど、きちんと出力され、キーボード操作でゲームは無事に進められた。

図:バッチリ起動。音も出るよ

図:なぜかCドライブを開くとVSCodeが起動した

Office2003をインストールしてみた

Chromebookでのウィークポイントとしてよく取り沙汰されるOffice。G SuiteやMicrosoft365があるけれど、やはりローカルのオフィスが欲しいという人は少なくない。しかし、仮想環境では低スペックなChromebookでは厳しい。しかし、WineことCrossOverならばエミュレーションをしていないので、低スペックでもOfficeを動かすには十分な力を出してくれます。

ということで、Office2003をインストールしてみました(CrossOver Macでインストールして動くのは確認済み)

CrossOverの時はバッチリ動作していましたが、以下のような感じ

  1. 日本語入力はMozc経由で入力が可能。一太郎8の時のような不安定さは無し。
  2. 但し日本語入力をオンにすると、オフにしようとするとChromebook側のGoogle IMEと干渉することがある
  3. ライセンスのアクティベーションもきちんと動いた
  4. ファイルの右クリックメニューにもきちんと登録されてる!!

十分動作してるかなと思います。さすが★5のレートがついてるだけある。動作に重さは感じない(XP時代のアプリなので、HP Chromebook 14aのスペックでも余裕。これが仮想環境となると動作は厳しい。Wineの威力恐るべしです)

図:CrossOverでは動作確認済みです

図:色々と関連ツールを自動でインストールしてくれる

図:Excel2003を起動してみた

図:ファイルの開くにも登録されてる

日本語入力できるようにする

Linuxアプリはそのままでは日本語入力が出来ません。Chrome OS側のIMは使えないので、別途インストールと設定が必要です。この設定をしておくことでLinuxアプリで日本語の入力が可能になります。まずは、ターミナルから日本語入力システムMozcとテキストエディタnanoをインストールします。

つづいて、nanoで設定ファイルに3行追加して保存します。

以下の設定を最終行に追加します。

保存は、Ctrl+Oキーで、終了はCtrl+Xキーで終了します。

続いて、以下のコマンドでmozcを自動起動するように設定ファイルを生成します。最後にexitを実行して終わらせましょう。


ここで一旦、Linux環境を完全に終わらせます。ターミナルアイコンを右クリックして、「Linux(ベータ版)を終了」をクリックします。これを行わないと、次の作業でIMにリストが出てきません。

図:これでLinux環境の再起動になります

次に、mozcにIMを追加します。以下のコマンドをターミナルから入力します。

一番上に「キーボード – 英語」がいますが、そのままでもOK。但し、106日本語キーボードにしたい場合には、これを削除して別途キーボードを左下の+から追加する必要性があります。

図:mozcの設定画面

次に、アドオンタブに移動し、拡張にチェックを入れ、Fcitx XIM Frontendを選んで設定ボタンを押します。XIMでOn The Spotスタイルを使うにチェックを入れて、OKを押します。このウィンドウは閉じてしまってOKです。

図:拡張の設定変更

最後にIMの細かい設定変更をしたい場合には以下のコマンドを入力して、入力様式などのカスタマイズが可能です。かな入力にしてみたり、句読点の変更などなどですね。お好みです。日本語入力は、これまで通り左上のかな/英数でも良いですし、Ctrl+Spaceで切り替えが可能です。

図:入力カスタマイズはお好みで

インストール手順動画

1:30付近からが、実際のインストール手順になります。それまでは、ChromeOSでLinuxコンテナを有効にする為の手順です。

関連リンク

共有してみる: