現在、日本で主流となっているメッセージサービスは、LINEでしょう。Facebook MessangerやらHangoutやらいろいろありますが、メジャーとは言えない・・・世界では、SkypeやTeams、Whatsappなどいろいろあるのですが、それぞれの世界で活躍しています。ITの世界だとChatworkやSlackなんてのもありますね。

そんなLINEに例えばGASで作った申請フォームに投稿があったらグループトークに通知を送ってほしいなんて要望があります。すばやく誰かが補足して作業できるようにする為です。LINE Notify APIを利用するのですが、非常に簡単に装備できますよ。

今回使用するファイルとサービス

事前準備

今回準備するのは、Access Tokenのみ。以下の手順で取得します。

  1. Line Notifyにログインします。
  2. 右上の自分の名前をクリックして、マイページを開きます。
  3. 投稿するグループトークを選択します。
  4. 下の方にある「トークンを発行する」をクリックします。
  5. アクセストークンが表示されるので、コピーして控えておく。このときの1回のみ表示されます。
  6. 対象のグループトーク内に、Line Notifyを招待しておきます。これがないと通知が届きません。

図:ここでトークンを手に入れます。

図:送り込むトークルームを選択しましょう。

ソースコード

GAS側コード

  • 今回はアクセストークンをスクリプトプロパティに格納するコードになっていますので、コードの中に直書きしていません。
  • linenotify関数が本体。メッセージを受け取ったら、通知を送り込むシンプル仕様。
  • 通知を送り込むエンドポイントURLは、https://notify-api.line.me/api/notifyとなっています。

HTML側コード

  • チャット送信をクリックすると、GAS側のlinenotify関数に送り込むだけのダイアログです。

実行と結果

今回のスプレッドシートでは、Access Tokenはスクリプトプロパティに格納し、そこから呼び出して使っています。まずは以下の手順で控えておいたトークンを登録し、通知用ダイアログからメッセージを送ります。

  1. メニューより「作業用」⇒「トークンセット」を開く
  2. アクセストークンを入力して閉じる。
  3. 次に通知の送信を開く
  4. メッセージを入れて、送るとLINE Notify経由でグループに通知が送り込まれる。

図:通知が無事に送り込まれました。

共有してみる: